プラズマローゲンとは

プラズマローゲンは、「抗酸化作用」を持った「リン脂質」の一種で、グリセロリン脂質の一つです。プラズマローゲンは哺乳動物の全ての組織に存在し、人体のリン脂質の約18%を占めますが、特に、脳神経細胞、心筋、リンパ球、マクロファージ等に多く含まれています。

今までに分かっているプラズマローゲンの色々な機能の中で一番有名なのは抗酸化機能で、細胞が酸化ストレスを受けた時に最大の防衛機能を発揮しているのが、このプラズマローゲンではないかと言われています。一方で重要な細胞膜におけるイオン輸送にも関係しています。また、細胞膜融合、すなわち脳細胞の中でいろんな細胞膜が融合していますが、その重要な役割をしているという事、さらにコレステロールを排出する役割神経伝達物質の前駆体としての機能を持っていることも分かっています。

*当院では、この「脳疲労の特効薬」としてのプラズマローゲンをサプリメントとしたものを販売しています。
*体内のプラズマローゲンの量(神経細胞の膜内を反映したもの、及び血液中の量)を測定するため、血液検査を行っています。

脂質の分類とプラズマローゲン

脂質の分類とプラズマローゲン

ホタテ由来プラズマローゲンを開発

プラズマローゲンの原料は、鶏肉由来からスタートしましたが、その後様々な素材を研究した結果、よりヒトに効果があると思われるホタテ由来のプラズマローゲンの大量抽出に世界で初めて成功しました。ホタテ・プラズマローゲンは、鶏プラズマローゲンに比較して鶏由来には含まれていないEPAを含みDHAも約2倍多く含有しています。現在行われている臨床試験では、すべてこのホタテ由来のプラズマローゲンを使用しています。

鶏肉由来
ホタテ由来

※DHA(ドコサヘキサエン酸の略称)※※EPA(エイコサペンタエン酸の略称)DHA/EPAはn-3系(オメガ3系)多価不飽和脂肪酸で、どちらも体内で合成できないため食べ物から摂取しなければならない必須脂肪酸です。

※重金属が含まれるといわれるウロ部分を除外した国産ホタテを使用しています。
※プラズマローゲンは、ホタテを生で大量摂取しても体内で効果的に増えません。特殊抽出した高純度のプラズマローゲンを口から摂ることで、初めて血液中のプラズマローゲン濃度が上昇することがわかっています。

もの忘れ(認知症)

アルツハイマー病は、早期に診断・治療することにより病気の進行を遅らせることが可能です。

認知症とは・・・

認知症とは・・・

アルツハイマー病は海馬にβアミロイドが蓄積沈着し、海馬が萎縮して起こるというのが現在の有力な仮説で、図(B)のような大脳皮質の崩壊が起こる以前に、認知症は始まっています(図A)。現在、介護保険制度を利用している認知症高齢者は、約280万人と推計され、原因としてはアルツハイマー病が最も多いとされています。当院では、主にアルツハイマー病の方を中心に、新しく発表されたホタテ・プラズマローゲンの飲用と、脳疲労外来の治療法を合わせた、独自の治療をおこなっています。