院長の紹介

小林常雄 医学博士 (ノーベル賞評議長 ステン・オレニウス先生がDr.Kobayashiは天才過ぎて彼の研究を評価できる人が存在しないと言わせた唯一の日本人医学博士です。)

Tsuneo KOBAYASHI M.D.

小林常雄 医学博士|ホリスティッククリニック銀座

  • 昭和44年
    鳥取大学医学部卒業後、国立がんセンター内地留学

  • 昭和47〜49年
    京都大学大学院

  • 昭和54年
    東京大学大学院卒業 博士号を取得

  • 昭和54年
    一心総合病院副院長

  • 平成4年
    京北病院院長

  • 平成12年6月
    IMHCクリニック院長

  • 平成27年12月
    国際がん予知予防センター センター長

  • 2016年9月 アメリカ総合医療学会から ノーベル賞の登竜門である アチーブメント賞 受賞

「人間はなぜ治るのか?第3回 癌からの生還」 NHK(ETV)治療ルポ

ホリスティッククリニック銀座,小林常雄,中央区,TMCA検診

癌専門誌『Cancer』誌において、腫瘍マーカー総合診断法による癌の危険度判定が広く評価され、第40代米国大統領夫人ナンシー・レーガン氏の主導により実証実験が行われた。

NIH(アメリカ国立衛生研究所)と全米で最も優れた病院とされるメイヨークリニックにおいて試験を繰り返した結果、その精度が証明され、アメリカ統合医療学会において、2016年「生涯功労賞」受賞。

ホリスティッククリニック銀座,小林常雄,中央区,TMCA検診

関連動画

小林常雄 医学博士|ホリスティッククリニック銀座

(著書)

 待望の新作 (仮称)医者にも教えたいがんの正体~現代のガリレオが癌の常識を変える!! 
『がんの正体がわかった』(創芸社)2018年

「ついにわかった癌予防の実際」(主婦の友社)
「癌、温熱治療法の科学」(東洋医学舎)
「告知してこそがんは治る」(現代書林)
「ガン病棟7割生還」(トクマブックス 新書)
「ガンを消す自己治療力」(同文書院)
「健康情報革命 ボケ、ガン常識を覆せ!」(イーブック 新書)

「免疫力を高めるコツ50」 ほか多数